奥田英朗 オリンピックの身代金

奥田英朗オリンピックの身代金の画像です

オリンピックの光と影


「ここ一年、国民全員が日本人であることを強く意識していた。・・・

 ・・・世界に誇れるオリンピック東京大会にしようと、

 誰もが責任の一端を担おうとしていた。

 もしも、新幹線の開通が遅れるとしたら、国民は率先して

 ツルハシを片手に工事現場に向かうだろう。」

(「オリンピックの身代金」より)



「TOKYO」という紙を掲げたIOC会長の姿をテレビで見たとき、

確かに日本中が熱狂しました。



「お・も・て・な・し」が昨年の流行語になり、

1964年以降二度目の東京オリンピックへの開催に国民が

気持ちが上向きになった年末でしたね。





今回、読んだ本は、日本で第一回目となった1964年に開催された東京オリンピックを

題材にした「オリンピックの身代金」です。



オリンピック開催に向けて、激変する東京。

インフラの整備が進み、東京と田舎の格差が激しくなります。

しかし、国民のほとんどはオリンピック開催に責任の一端を担おうとし、

何があっても成功させようという気持ちであふれています。



敗戦という事実も影響しているように感じます。

何かを取り返すように、世界に認めてもらいたい、私たちは日本人である、

そんな気持ちを随所に感じます。

オリンピック成功という一つの目標に向かい、心が一つになっています。



でも、そんな光の部分ばかりではないんですね。

新幹線や高いビル、きれいな道路、電車。

東京がオリンピックに向けて進化すればするほど

地方との格差は広がるばかり。

そこに影が存在します。



その影を島崎は許せません。

犯人も結末もわかっているのに、ハラハラ・ドキドキが最後まで

止まりません!



少し長編ですが、各章の構成にも工夫されており、

飽きずに最後まで読めます!

金沢湯涌温泉あたらしやFC2ブログランキング
金沢湯涌温泉あたらしやブログピープルへのリンク
湯涌温泉あたらしや公式サイトです。
http://www.atarashi-ya.co.jp/

星空の降りそそぐ宿あたらしや料金・宿泊プラン・予約のご案内です。
http://www.atarashi-ya.co.jp/reservation.html
金沢湯涌温泉 | 新屋フロント日記 | comments (0) | trackbacks (0) | posted by あたらしやフロント
カレンダー
<<BACK February 2014 NEXT>>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
カテゴリ
最近の記事
コメント一覧
トラックバック
アーカイブ
プロフィール
RSS

page top