金沢 泉鏡花記念館 企画展 2018年5月25日(金)~2018年9月9日(日)

泉鏡花日本橋-鏡花、雪岱、千章館-ポスターの画像です

金沢 泉鏡花記念館 鏡花生誕145周年記念特別展 日本橋-鏡花、雪岱、千章館-



泉鏡花記念館は、鏡花が生れ育った当時の町並みの面影を色濃く残す地域にあり、野川・主計町茶屋街・ひがし茶屋街と隣接しています。

金沢の定番観光スポットでもある、浅野川・主計町茶屋街・ひがし茶屋街に行かれた際に立ち寄られてはいかがでしょうか。



明治、大正、昭和にかけて亡母憧憬を基底とする浪漫と幻想の世界を紡ぎ出し、多くの小説や戯曲を生み出した鏡花は、やがて浪漫主義文学の大家と称され、また天才とも謳われるようになりました。

「義血侠血」「高野聖」「婦系図」「歌行燈」「日本橋」「天守物語」などまばゆいばかりの傑作の数々は、文学の世界だけでなく、視覚芸術である舞台や映画という手法によっても表現され、現在も人々に愛され続けています。

泉鏡花記念館では、金沢の生んだ文豪泉鏡花の作品世界の魅力を様々な角度から捉え、親しみ味わって頂こうと考えています。

鏡花が幼少時代を過ごした生家跡に建つ泉鏡花記念館で、作品はもとより、鏡花の生涯やその独特の美意識に触れることのできる展示をお楽しみ下さい。





鏡花生誕145周年記念特別展 日本橋-鏡花、雪岱、千章館-


開催期間:2018年5月25日(金)~2018年9月9日(日)

近代文学装幀史において、特に鏡花本と称される泉鏡花(1873-1939)の初版本。

なかでも大正3年9月刊行の鏡花の書き下ろし小説『日本橋』は、これが鏡花本装幀のデビューとなり、その後、意匠家として活躍した日本画家小村雪岱(1887-1940)、そしてその版元である千章館社主堀尾成章(1885-1944)の深まりゆく交流の上に誕生した記念碑的作品であり、今なお多くの愛書家の憧憬の的となっています。

作品世界を体現するような装幀で鏡花愛読者を魅了した『日本橋』。

鏡花の逗子滞在期にあたる明治41年6月に鏡花先生の小説を愛読する人々の集りとして発会し、いつしか鏡花会と称された鏡花を囲む親睦会を拠点に繰り広げられた鏡花、雪岱、そして成章の交流を、このたびあらたに確認された『日本橋』の自筆原稿をはじめ、堀尾家旧蔵の新資料の数々を通してご紹介する展覧会です。






泉鏡花記念館

TEL:076-222-1025
住所:〒920-0910 石川県金沢市下新町2番3号
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:12月29日~1月3日 ※その他展示替えなどで休館することがあります。
駐車場:4台


観覧料金

一般:300円
一般 団体(20人以上):250円
65歳以上・障害者手帳をお持ちの方、およびその介護人(※祝日無料):200円
高校生以下:無料


泉鏡花記念館のGoogle Map
https://goo.gl/maps/7Dno1dbBDPC2




金沢市の温泉【湯涌温泉 あたらしや】FC2ブログランキング

金沢市の温泉「湯涌温泉 あたらしや」ブログピープルへのリンク
金沢市の温泉【湯涌温泉 あたらしや (新屋)】公式ホームページ HOMEです。
https://www.atarashi-ya.co.jp/

金沢市の温泉【湯涌温泉 あたらしや (新屋)】料金・宿泊プラン・予約のご案内です。
https://www.atarashi-ya.co.jp/reservation.html
イベント情報 | comments (0) | trackbacks (0) | posted by あたらしや若旦那
カレンダー
<<BACK June 2018 NEXT>>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリ
最近の記事
コメント一覧
トラックバック
アーカイブ
プロフィール
RSS

page top