金沢の郷土料理、治部煮(じぶに)とは? | 昔ながらの金沢郷土料理の治部煮

金沢の治部煮です

金沢らしい郷土料理の治部煮(じぶに)です。



金沢を代表する郷土料理の『治部煮(じぶに)』です。


時代の移り変わりに合わせて、入手しにくい鴨肉の代わりに鶏肉を使った治部煮が
一般的になりつつある中、新屋では代々昔から伝わるレシピで鴨肉を使っています。

イタリアンやフレンチの要素を取り入れた料理も供している新屋ですが、
治部煮だけは、昔からの作り方で全く変わっていません。

いつも治部煮を作りながら、何百年も前から新屋に伝わる料理を
今の時代に、同じ治部煮を作っているのは、なんだか不思議な感じです。

治部煮とは・・

鴨肉に小麦粉をまぶし、特製のだし汁で鴨肉、金沢麩、しいたけ、野菜等を煮た金沢郷土料理です。
鴨肉にまぶした小麦粉が、鴨の良質な脂が持つ旨み成分を閉じこめて、
治部煮独特な「とろみ」が生まれます。
金沢で生まれ育った僕は、実家で治部煮を食べるとホッとする美味しさです。


治部煮に使われる鴨肉は、フレンチのジビエ料理に良く供されます。
鴨肉の脂肪は約14度で溶け出す為、牛や豚肉とは異なり、脂肪が体内に蓄積されずヘルシーです。
(牛や豚はそれぞれ45度、38度と人間の体温より高いです。)
脂肪が低温で溶けるため、フレンチの冷製料理で使われます。

治部煮の美味しさの要になる鴨肉の脂肪には、不飽和脂肪酸が多く含まれます。
善玉脂肪酸として血中コレステロールを低下させる働きもあり、
ヘルシーな鴨肉を使った新屋の治部煮は、特に若い女性のお客様から好評です。


新屋の治部煮は、金沢の高級ブランド野菜「加賀野菜」の、
・源助大根、
・金沢春菊、
・加賀蓮根
を、贅沢に使っています。

金沢へ旅行に来た際には是非、本物の治部煮を味わってみて下さい。

治部煮は、以下のプランでお楽しみいただけます。

■復刻版!本物の金沢郷土料理を【昭和の新屋懐石】
http://goo.gl/HdgLxZ



金沢市の湯涌温泉「あたらしや」新屋のFC2ブログランキング
湯涌温泉「あたらしや」新屋のブログピープルへのリンク
金沢の湯涌温泉「あたらしや」新屋の公式サイトです。
http://www.atarashi-ya.co.jp/

星空の降りそそぐ宿 金沢湯涌温泉「あたらしや(新屋)」料金・宿泊プラン・予約のご案内です。
http://www.atarashi-ya.co.jp/reservation.html


パティシエの散歩道 | comments (0) | trackbacks (0) | posted by あたらしやパティシエ

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

Search

カレンダー
カテゴリ
最近の記事
コメント一覧
トラックバック
アーカイブ
プロフィール
RSS


湯涌温泉の新屋レビュー!

page top