金沢の温泉旅館「あたらしや」秋のミニ前菜です

金沢の温泉旅館「あたらしや」秋の前菜です

金沢の温泉旅館「あたらしや」秋のミニ前菜をご紹介します


今日は、お昼の懐石コースでお出しする金沢湯涌温泉「あたらしや」秋のミニ前菜をご紹介します。
栗豆腐と南瓜の茶碗蒸しになります。

金沢湯涌温泉も、最近では涼しくなってきました。
お食事も少し温かいものを食べたくなります。
そんな秋にぴったりの少し軽めの前菜をご紹介致します。

栗豆腐はその名の通り、栗を少し砕き、豆腐を練り上げ、銀餡をかけたものです。

南瓜の茶碗蒸しは、色々な秋のキノコと京味噌で味を整えてから蒸しました。
食べ終わりそうな位に、京味噌の風味が感じられる様に仕込んだ茶碗蒸しです。

両方共に昔からのオーソドックスな献立ですが、そこは「あたらしや」新屋らしく
現代のエッセンスで仕上げた拘りの前菜を是非、ご賞味ください。

金沢市の温泉【湯涌温泉 あたらしや】FC2ブログランキング

金沢市の温泉【湯涌温泉 あたらしや】のブログピープルへのリンク
金沢市の温泉「金沢湯涌温泉 あたらしや」の公式ホームページ HOMEです。
https://www.atarashi-ya.co.jp/

金沢市の温泉「金沢湯涌温泉 あたらしや」料金・宿泊プラン・予約のご案内です。
https://www.atarashi-ya.co.jp/reservation.html
パティシエの散歩道 | comments (0) | trackbacks (0) | posted by あたらしやパティシエ

金沢湯涌温泉「あたらしや」昭和懐石プランの昆布〆をご紹介します。

金沢湯涌温泉「あたらしや」昭和懐石プランの金八(キンパチ)と天然ブリ

金沢湯涌温泉「あたらしや」昭和懐石プランの金八と天然ブリ


今日は「あたらしや」昭和懐石プランのお造りでご賞味頂ける、
金沢らしい、刺身の昆布〆をご紹介いたします。

昆布は、厳選した北海道産を使っています。
北海道の昆布は粘り、香りも強く、昆布〆には最適なクオリティです。

今回のお魚は、能登産の天然ブリと、金沢港近海の金八(キンパチ)です。
キンパチは金沢での呼び名で、一般的にはキントキと呼ばれる魚です。
金八(キンパチ)は、都市部では一般的な魚ではなく、主に産地で消費されている魚です。

昔から代々「あたらしや」に受け継がれる方法で、昆布〆を作っています。
まず、昆布〆を行う時の塩は、奥能登海水塩を使います。
朝〆れば、夕食時にはしっかり昆布の甘み、粘りも出て、
とても美味しく仕上がります。

「あたらしや」の昭和懐石プラン、いちおしの逸品になります。

金沢市の温泉【湯涌温泉 あたらしや】FC2ブログランキング

金沢市の温泉「湯涌温泉 あたらしや」ブログピープルへのリンク
金沢市の温泉「湯涌温泉 あたらしや」(新屋)公式ホームページ HOMEです。
https://www.atarashi-ya.co.jp/

金沢市の温泉「湯涌温泉 あたらしや」(新屋) 料金・宿泊プラン・予約のご案内です。
https://www.atarashi-ya.co.jp/reservation.html
板長の一日 | comments (0) | trackbacks (0) | posted by あたらしや板長
カレンダー
<<BACK September 2018 NEXT>>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
カテゴリ
最近の記事
コメント一覧
トラックバック
アーカイブ
プロフィール
RSS

page top